FC2ブログ

不妊大国ニッポンの現状その4

20151125151522.jpg

不妊の原因はいろいろありますが、日本では「不妊は女性だけに原因がある」
という偏見がいまだに強く残っています。WHO(世界保健機関)の調査では、
男性のみに原因がある場合と男女双方に問題がある場合を合わせて、不妊の
原因の約半分のケースで男性が関係しています。日本では前述の偏見のせいで、
不妊治療が女性側に偏っており、男性側の対策はほとんどされていません。
不妊治療は必ず夫婦揃って受診することが大前提で、男性の不妊原因に対する
理解をもっと高めることが望まれます。不妊原因に対する理解不足と並ぶ次の
問題は「卵子の老化」に対する知識不足です。女性の妊娠力は36歳を境として
低下して行きます。先日引用した調査に於いて、卵子の老化についての日本人
の正答率は30%に達しておらず、先進諸外国に比して極めて低い数字です。
「卵子が老化する」という事実を見過ごし、出産を先送りにしてしまい、不妊治療で
悩む人が増えているのです。身体の中で卵子だけが老化しないと考える人は
いないでしょうが、女性が妊娠する力が意外と若い時期から下がり始めるという
事実はまだ十分に理解されていないと思われます。


スポンサーサイト



不妊大国ニッポンの現状その3

20151207080504.jpg

不妊という問題が切実な問題として身近に沢山あるにも拘らず、日本では
不妊をオープンに語ってきませんでした。その背景には、不妊を恥じる日本人
の文化があるようです。海外のある製薬会社が行った不妊に関する調査で、
「不妊について家族や友人に相談し易いか」、「不妊治療に積極的に取り組み
たいと思うか」という2つの問いに対して、”イエス”と答えた比率は日本が
最下位だったそうです。不妊の問題を自分達だけで抱え込んでいる、という
日本の現状が浮かび上がっていますね。不妊治療を行うカップルの中には、
それがきっかけで離婚に至ったりうつ病になってしまったという例もあるそうです。
不妊をタブー視することのデメリットは、それだけではありません。教育などの
場で情報を得る機会が少ないので正確な知識が広がって行かないのです。
ネット上には不妊に関する情報が氾濫していますが、根拠の薄いものも多く、
また営利目的に偏ったものも少なくありません。知識不足の2大問題は不妊
原因についての理解不足と、卵子の老化に対する知識不足です。
これら2つの大きな問題について順次考えてみましょう。

不妊大国ニッポンの現状その2

20151009103735.jpg

現在、日本には不妊治療を行っている病院・クリニックが約600軒あるそう
です。アメリカですら500軒無いそうですし、世界一の人口を抱える中国が
約300軒だそうです。日本は世界一の不妊治療大国になってしまいました。
また日本は、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療の治療件数でも年間
21.3万件で世界一です。2009年にはその高度生殖医療で2万6千人強の赤ちゃん
が誕生しており、実に新生児の40人に1人が体外受精児という状況になっています。
ドラマ”コウノドリ゛では、不妊治療は自然妊娠を促進する治療をすることではない
と示唆していましたし、「子供を授かるために医療の力を借りることは、恥ずかしい
ことでも、特殊なことでもない」と言っていました。
先端医療の力を借りて子供を授かることが当たり前の時代が既に到来している
のですね。そういう時代になっているにも拘らず、正しい情報が身近にあるか
というと、必ずしもそうではなさそうです。
次回はその辺の事情について考えてみましょう。

不妊大国ニッポンの現状その1

20151009103658.jpg

TBSの人気ドラマ「コウノドリ」を観ています。産婦人科の現場を舞台に
様々な人間模様をドラマ化した人気番組ですね。この番組が人気を博して
いるのは、きっとその題材が多くの人の周りに現実によくある話だからだと
思います。子供を望んでいる人は非常に多いのに何故世の中は少子化が
問題になっているのでしょうか。不妊治療を受けている人の数は何故増加
傾向にあるのでしょうか。もう一度妊娠・出産の現状を振り返ってみましょう。

一般に避妊をしないで妊活をしていても、2年以上妊娠しない場合不妊症と
診断され、その患者数は世界中で増加しているそうです。不妊症と診断される
カップルは、一般的には10~15%の割合でどの国にも存在しているそうですが、
日本では晩婚化と晩産化が不妊をより深刻化させているようです。
2011年現在で女性の平均初婚年齢は29歳となっており、新生児の約6割は
30代のママから生まれているのです。「コウノドリ」でも言っていましたが、
卵子は齢をとってゆくもので、不妊治療を先送りすると妊娠の可能性は
どんどん下がって行きます。一説によると、今不妊治療を受けている人の9割は、
10年前に妊活をしていれば自然妊娠していただろうと言われています。
次回は不妊治療によって妊娠する可能性について書いて行こうと思います。