FC2ブログ

晩婚化へ

20151111084900.jpg

晩婚化やそれに伴う高齢出産は、様々な社会的要因が重なり合い進行して
います。2000年に27歳だった女性の平均初婚年齢は、2013年には29.3歳に
上昇し、第1子出産時の母親の平均年齢も28歳から30.4歳に上がっています。
晩婚になった結果として、不妊に悩む人が急増しています。
これは、生殖適齢期に関する知識の欠如などが晩婚化を助長させたためとも
考えられます。
また雇用が安定せず経済的な理由から結婚をためらったり、たとえ結婚しても
仕事と子育ての両立に問題があったりと経済的な要因も強いようです。
こうした現状に、「早く結婚し、子供を持ちたいと思える社会を作ること」が
少子高齢化や人口減少問題も同時に解決できる方法だと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント