FC2ブログ

卵子ドナーが不足しています

20160223105933.jpg

卵巣機能が低下しているタナ―症候群の女性は2000人に1人、早期閉経
の女性は100人に1人います。そして近年、女性の社会進出が進み高齢で
出産しようとする方が増えることで、不妊の原因として卵子の老化が話題に
なっています。
しかしこれらの理由で自分の卵子では子供ができない方やできにくい方でも、
第三者から卵子の提供を受け体外受精する最新医療で、妊娠・出産の希望
を叶えることが可能になっています。
ただし第三者の卵子による体外受精には、倫理的な問題もあり、その賛否に
ついては多くの議論が存在します。日本でも法的には認められているものの、
その本質的な議論は進んでいません。そのため日本国内では、第三者から
卵子提供を受けることは簡単ではありません。
また卵子は、売買される性格のものではなく、自発的なボランティアに頼って
いるのが現状で、卵子ドナーの数は不足しています。
卵子提供をすることでの身体に与える負担やリスクについて、その知識が
もっと広く浸透し、健全なボランティアが増えていくことが望まれています。
当団体では、ドナーボランティアの募集を随時行っております。
是非ご協力をお願いします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント